くぼっちの芸能ニュース



<   2009年 09月 ( 12 )   > この月の画像一覧


視聴率


     「 つ ば さ 」 の 視聴率 最低!!

          9月26日に放送が終了したNHK総合
       の連続テレビ小説「つばさ」は、全回を通じた
       平均視聴率は関東地区で13、8%、関西
       地区で11、3%だったことが28日、ビデオ
       リサーチの調べで分かった。

             同番組枠ではいずれも集計を
          始めた1964年以降、最低という。

     ◇◇◇ ◆ ◇◇◇ ◆ ◇◇◇ ◆ ◇◇◇
            
[PR]
by delivery0001 | 2009-09-28 17:11

桂米朝さんが退院


       軽度の脳幹梗塞で入院していた
    人間国宝の上方落語家、桂米朝さん
    (83)が22日に退院したと、所属する
    米朝事務所が発表した。

           事務所によると、今後の仕事については
        予定通り出演する予定という。

  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
             
[PR]
by delivery0001 | 2009-09-23 11:50

ボリショイで 舞う!!


   ☆  日 本 の バ レ エ 団  ☆

         「 椿 姫 」 公 演 に 喝 采 !! 

              モスクワのボリショイ劇場で18日、
            東京の新国立劇場バレエ団による
            オリジナルのバレエ作品「椿姫」の
            公演が始まった。

      初日はボリショイ劇場のバレリーナ、
   スヴェトラーナ・ザハロワさんが主役を
   演じ、観客から拍手と喝采を浴びた。

              日本のバレエ団がボリショイ劇場
           の招待で公演するのは初めて。

      2007年にザハロワさんが
   日本で「椿姫」を初演したのを
   きっかけに、今回はロシア政府
   が新国立劇場バレエ団を招待した。

               「椿姫」は1840年代のパリを舞台
            とするデュマ原作の悲恋物語。

       ベルリオーズの音楽で構成し、新国立劇場
    の牧舞踏芸術監督が振り付けや演出を担当した。

  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
            



 

  
[PR]
by delivery0001 | 2009-09-20 15:29

ベネチア国際映画祭


   ☆ レバノン戦争の作品に 金獅子賞 ☆ 

              イタリアで開催されていた第66回
           ベネチア国際映画祭の授賞式が19月
           12日夜行われ、最高賞の金獅子賞を
           イスラエルのサミュエル・マオス監督の
           「レバノン」が受賞した。

      イラン出身のシリン・ネシャト監督
   の作品で坂本龍一さんが音楽を担当
   した「女たち」が銀獅子賞に選ばれた。

              日本から出品した塚本晋也監督の
           「TETSUO THA BULLET MAN」
           は受賞を逃した。

                 「レバノン」は1982年の
              レバノン戦争で、侵攻した
              イスラエル軍の若い兵士
              たちを描いた。

   「女たち」のネシャトさんは女性ビデオアーティスト。

         同じニューヨークに住み以前から知り合い
      だった縁で、坂本さんに音楽を依頼したという。

   ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
         ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
               ☆☆☆☆☆☆
          
[PR]
by delivery0001 | 2009-09-18 16:48

米朝さんが 復帰


                    、、、、、1ヶ月半ぶり!!

    「 一 門 会 」 に 出 演 !!

            軽い脳幹梗塞で7月から入院している
         人間国宝の上方落語家、桂米朝さんが
         12日午後、東京・大手町の日経ホールで
         行われた「桂米朝一門会」に出演した。

            舞台に姿を見せるのは約1ヵ月半ぶり。

                  幕が上がり、いすに腰掛けた
               米朝さんの姿が現れると、満員の
               客席から大きな拍手がわいた。

         米朝さんは「よもやま噺」と題し、弟子の
      南光さんらを相手に約20分間話した。

      「きょうは調子がよろし」と言い、
   「かつて関西の噺家は関西弁の
   ハンディがあったが、今やテレビの
   おかげで通じるようになった」と
   上方落語普及のため全国を回った
   思い出などを披露した。

                     長男の小米朝さんが昨年
                  10月に五代目米団治を襲名
                  したことに関して「米朝の名は
                  どうします」と問われ「入札に
                  しましょうか」と笑わせた。

            米朝さんは7月27日から兵庫県内の
         病院に入院しているが、担当医の許可が
         出たため出演が実現した。

  ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆
           

   
[PR]
by delivery0001 | 2009-09-16 15:38

映画


    =  火 天  の  城  = 

       直木賞作家、山本兼一の同名小説の映画化。

             織田信長に巨大な安土城造りを
          命じられた宮大工の苦闘を描く。

       夫を案じる妻娘や難事に立ち向かう一門
    の結束力などの人間ドラマが展開される。

               戦後雲のでは珍しく
            合戦シーンはないが、築城
            へ執念を燃やす大工たち
            の姿は迫力満点。
 
                 ただ、原作の要素を詰め込み
              すぎて、やや消化不良の感も。

                      監督 : 田中光敏 

     〇 〇〇 〇〇〇 〇〇〇〇〇 〇〇〇 〇〇 〇
                
[PR]
by delivery0001 | 2009-09-13 14:41

映画


   ~~ クララ・シューマン 愛の協奏曲 ~~ 

              作曲家シューマンとその妻クララ、
           若きブラームスの三角関係を描く。

         昼ドラっぽい設定が激しい
       展開への期待感を高めるが、
       一向に煮え切らないクララと
       ブラームスに、見ている側の
       欲求不満が募りそう。

               実際に彼らが作曲した名曲を配し、
           音楽ファンには楽しめるだろう。

              ヘルマ・サンダース=ブラームス監督

  〇〇 ~ 〇〇 ~ 〇〇 ~ 〇〇 ~ 〇〇 ~ 〇〇 ~ 〇〇
[PR]
by delivery0001 | 2009-09-12 17:20

市川団十郎


     〇 モ ナ コ で 初 の 歌 舞 伎 公 演 へ 〇

           市川団十郎を座頭に16日から4日間、
        モナコ・モンテカルロ劇場で初の歌舞伎公演
        が行われる。

              演目は長男・海老蔵の歌舞伎舞踊
            「鏡獅子」と、団十郎中村時蔵による
            歌舞伎十八番の「鳴神」

                「2年前に初の歌舞伎公演を
             行ったパリ・オペラ座と同じシャルル・
             ガルニエが設計した劇場がモナコに
             あると聞き、ぜひやりたいと思った。
               市川家にゆかりのある、劇場に
             合った演目を選んだ。
                モナコの人々に歌舞伎を
             アピールしたい」と話す。

 ☆ 〇 ☆ 〇 ☆ 〇 ☆ 〇 ☆ 〇 ☆ 〇 ☆ 〇 ☆
         
[PR]
by delivery0001 | 2009-09-10 15:23

モントリオール映画祭


    「ヴィヨンの妻」 根岸氏に監督賞 ☆☆

           カナダで開催されていた第33回
         モントリオール世界映画祭で、太宰治
         の短編を原作にした「ヴィヨンの妻~
         桜桃とタンポポ」の根岸吉太郎監督が
         監督賞を受賞した。

     配給元の東宝に8日、連絡が入った。

               映画は、今年生誕100年を迎えた
            太宰の短編数本を原作に、小説化の夫
            の破滅的な生活にもかかわらず、明るさ
            を失わない妻の姿を描いた作品。

        松たか子さん、浅野忠信さんらが出演した。

        日本国内では来月10日に公開される。

        根岸監督は東京都出身。

                立松和平さんの原作で映画化
              した「遠雷」で注目され、「探偵物語」
              「ウホッホ探検隊」「雪に願うこと」など
              の作品で知られる。

      同映画祭では昨年、滝田洋二郎監督の
   「おくりびと」がグランプリを受賞した。

              2006年に監督作「長い散歩」
           で同賞を受けた奥田えいじさんが、
           今回のコンペティション部門で
           審査員を務めた。

 ☆☆☆ ☆ ☆☆☆ ☆ ☆☆☆ ☆ ☆☆☆ ☆ ☆☆☆
         
[PR]
by delivery0001 | 2009-09-09 18:28

映画


      『 ぼ く と マ マ の 黄 色 い 自 転 車 』 

        主人公は横浜で父と暮らす男子小学生。

               パリに留学中と聞かされていた
            母が香川・小豆島にいることがわかり、
            自転車で小豆島を目指す。

        母の現状、ウソをついていた父の思い、
     途中で手助けしてくれる人々のしった激励。

                うれしさとつらさを同時
             に受け止める少年の成長が
             しっかり描かれているが、
             新味は乏しい。

                  監 督 : 河 野 圭 太

  〇 〇〇〇〇〇 〇 〇〇〇〇〇 〇 〇〇〇〇〇 〇
               
[PR]
by delivery0001 | 2009-09-06 16:03


芸能関係のニュースを書き込んでいます。
検索
カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧