くぼっちの芸能ニュース



<   2007年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧


舞台化


     菊川怜さん、、、、、

         人気韓国ドラマ 舞台化で 主演!!


              日本でも大人気の韓国ドラマ
            「宮廷女官・チャングムの誓い」
            が 舞台化され、菊川怜が
            ヒロインのチャングムを演じる。

  十六世紀朝鮮王朝の時代、王の医女となった女性の波瀾万丈の物語だ。

              「人生を切り開いていく
            男性的なところと 愛に生きる
            女性的なところを持った、
            魅力的な人。人生の難局を
            どう乗り越えていくか 知恵を
            授けてもらった記がする」

  舞台は二度目、少し余裕を持って取り組めるようになった。「歌も踊りも好きなので、ミュージカルもやってみたい」と 目を輝かせた。

                    公演は 12月3~26日
                         東京・日生劇場

                    来年 2月 
                         名古屋・御園座 

 ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆
           
[PR]
by delivery0001 | 2007-11-30 14:22

逮捕


   桂 銀淑 容疑者
       覚せい剤 所持
           現行犯逮捕


           自宅で 覚せい剤を所持していたとして、
         関東信越厚生局麻薬取締り部は二十七日
         までに、覚せい剤取締法違反(所持)の
         現行犯で 韓国出身の歌手、桂銀淑容疑者
         を 逮捕した。

       「自分で使うために 持っていた」と 
     容疑を認めているといい、同部が入手先
     を 調べている。

           調べでは、桂銀淑容疑者は
         二十六日午後六時四十分ごろ、
         自宅でビニール袋入りの覚せい剤
         0、6グラムを所持していた疑い。
         
           同部が二十六日夕、本人を
         立ち会わせ 自宅を家宅捜査。
         覚せい剤とともに ガラス製の
         吸引パイプの発見、押収した。
 
  桂容疑者は 韓国ソウル出身。日本では1985年「大阪暮色」で歌手デビューし、88年から NHK紅白歌合戦に 七回連続出場。90年には日本レコード大賞のアルバム大賞を受賞した。ヒット曲に「すずめの涙」「北空港」などがある。

■△■  ■△■  ■△■  ■△■  ■△■  ■△■  ■△■
                
[PR]
by delivery0001 | 2007-11-28 15:03

テレビ


   テレビ朝日系、、、

        夜 9時 ドラマスペシャル、、、

           松本清張 「点と線」 完結編

        主演:ビートたけし

               高橋克典
                  柳葉敏郎
                    内山理名
                    夏川結衣
                    市原悦子
                    池内淳子 
                    宇津井健  ほか、

    ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
                
[PR]
by delivery0001 | 2007-11-25 16:55

激怒


   !!! 韓流ファン 激怒 !!!

           「クオン・サンウ」イベント料金は
         < 韓国人の 20倍、、、、、 > 

  △△ △△ △△ △△ △△ △△ △△ △△
                
[PR]
by delivery0001 | 2007-11-15 10:58

映画


 < ディスタービア > 

              授業中に 暴行事件を
            起こした高校生のケールは、
            裁判所から 3カ月の
            自宅軟禁処分を受ける。
     
  監視用の装置を 足に取り付けられているため、家から半径30㍍以上遠くへは出られない。
              退屈して 2階の窓から
            近所の家を 双眼鏡で観察
            するようになった彼は、隣家
            の男の 不審な行動を目撃
            する。

  ヒッチコックの名作「裏窓」を ほうふつさせるアイデアが話題の
スリラー。

        身の回りの最新機器を使ってのぞき見
      をする主人公を シャイア・ラブーフが好演 

                 監督 = D・J・カルーソ 

□□□  □□□  □□□  □□□  □□□  □□□
          
[PR]
by delivery0001 | 2007-11-12 17:38

トニー・ガトリフ 監督


  < トランシルヴァ二ア > 

            自分を置いて去った恋人を
         追いかけ、フランスから
         ルーマニアのトランシルヴァ二ア
         へやって来た ジンガリナは、
         恋人と再会するが、冷たく突き
         放されてしまう。お腹に子供を
         宿したまま 行くあてをなくした
         彼女は、1人で 異国をさまよい
         始める。

  失意の底から立ち上がっていくヒロインの旅を、力強いタッチで描いたロードムービー。

                 主人公の心情を
               映すような雪の草原
               の映像が効果をあげ
               ている。 

   ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○ ○○○
                        
[PR]
by delivery0001 | 2007-11-10 16:40

二ール・ゲイマン さん


   米国の ファンタジー小説の世界で人気、
 実力ともに 第一級の作家だ。

          願いがかなうという 流れ星をめぐり、
        恋する青年や 魔女などが 争奪戦を
        繰り広げる冒険映画『スターダスト』
        が 映画化され、日本でも公開が始まった。

    「僕は 白昼夢をよく見るから
  タクシードライバーには向いて
  いないだろう。でも 作家としては
  いい仕事ができる」

  ストーリーテラーとしての力を自負するが、根を詰めて執筆する 努力の人でもある。「パソコンに向かって 十万語ぐらい書いてみないと 形は見えてこない。作品において アイデアの重要性は 五%ぐらい。残りの九十五%は 汗を流すしかない」

  映画版では 脚本にアイデアを提供するなど 制作にも携わった。「作家と 読者が協働して 物語の世界を作る小説に対し、映画は 作り手が観客に すべてを与える。小説と違うが 同じくらい面白い」。

          自作を映画化した作品の監督も
        決まっており、活躍は広がる。

                  主要作品は ほぼすべて 
                日本語に翻訳されている。
                「ファンタジー小説を読むのは
                長期休暇に出て リフレッシュ
                するようなもの。読み終えて
                日常に戻ると、新しい目で
                現実を見られる。
                忙しいビジネスマンにこそ 
                ぜひ読んでほしい。

           ☆ 冒険物語が 映画化 ☆

            ○ 制作にも参加、活躍 ○


  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 
                 
[PR]
by delivery0001 | 2007-11-08 14:36

映画


  =  過 去 と の 決 別 =
 
 
                米経済誌「フォーブス」が
              最も稼ぐハリウッドスター第一位
              に 選んだマット・デイモンの
              最新作「ボーン・アルティメイタム」
              が まもなく公開される。
               すでに興行収入は 2億円を
              突破する、まさにアクション映画史
              に 刻まれる 傑作だ。

  記憶をなくしたジェイソン・ボーンは、なぜ自分が 執拗に追われるのか? 恋人まで殺され、命を狙われるのかが 理解できなかった。だが 彼の肉体と 頭脳には 危機を反射的に回避、対応できる戦闘能力が備わっていた。

          やがて自分が CIAのある
        計画に 巻き込まれ、暗殺者に
        仕立て上げられた事を知る。

          英ガーディアン紙の一面を
        飾ったボーンの写真と CIAの
        内部告発に基づく記事から
        情報提供者を追い、過去との
        決別、本当の自分探しの旅に
        出た。

  渦巻く陰謀の裏をかき、ロンドン、パリ、マドリード、タンジール、そして ニューヨークに出没するボーンに 上層部は翻弄され・・・・・。

            メガホン取った 
         ポール・グリーングラス監督は
         「胸に迫る感動と 度肝を抜く
         アクションの 知的なスパイス
         映画」と 語る。

   ! 見逃せない エンターテイメント巨編だ !

☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆
           
                    
[PR]
by delivery0001 | 2007-11-05 11:05

「通円」


  茂山忠三朗 が 「通円」 

         大蔵流狂言方の 茂山忠三朗(79)が、
       先代で父の忠三朗五十年忌追善狂言会で
       大曲『通円(つうえん)』を 勤める。この曲
       は 通円という茶の湯をつかさどる 剃髪
       (ていはつ)の者が、宇治橋供養のときに
         茶をたて過ぎて死んだことを、通円の幽霊
       が現れて 語るというもの。
         「先代が 最期に勤めた曲」とあって
       追善狂言会にかける。

               当代忠三朗が勤めるのは
            二度目で 約三十年ぶり。 
               能の形式を模した構成だけに、
             「荘重でありながらも、狂言らしい
             戯画的な味わいを求められるのが
             難しい」と語る。
  
           追善狂言会は 
         大阪の大槻能楽堂が 
         十一月十六日、
         京都の京都観世会館が
         同三十日。 

  ○☆○ ○☆○ ○☆○ ○☆○ ○☆○ ○☆○ ○☆○
                    
[PR]
by delivery0001 | 2007-11-02 15:05

映画


  □ サルバドールの 朝 □ 

         ―― 1970年代初頭のスペイン。
         フランコ独裁政権に反対し、二十五歳で
       処刑された青年がいた。実話を基にした
       本作は、臨場感あふれるタッチと 暗い色調
       の映像で、独裁政権下の 息苦しさをあぶり
       出した。。。。。

  反政府連動にのめりこみ、活動資金を得るため 強盗を繰り返す青年、サルバトール。ある日、警察と乱撃戦になり、一人の警官が命を落とす。サルバドールが犯人として逮捕され、正当な裁判にかけられないまま死刑を宣告される。

             悲劇の人物として、スペインでは
          知らない人はいないとされる
          サルバドールだが、本作は 安易な
          ヒロイズムに陥っていない。家族思い
          の無邪気な素顔と共に。若さゆえの
          おろかさも描くなど 一人の青年の
          実像に迫っている。

           主人公を演じるのは「グッバイ、レーニン」
        (03年)の さわやかな演技で注目を集めた。
        ダニエル・ブリュール。

           希望と絶望の間で揺れ動く青年の姿を
        繊細に演じきった。獄中で 妹と言葉を交わす
        場面の純粋なまなざしが胸を打つ。

                 監督 = マヌエル・ウエルガ 

 □○□ □○□ □○□ □○□ □○□ □○□ □○□
                
[PR]
by delivery0001 | 2007-11-02 11:53


芸能関係のニュースを書き込んでいます。
検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧