「ほっ」と。キャンペーン

くぼっちの芸能ニュース



<   2007年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧


噺家


  1960年代、上方の噺家に 新たな波が迫ってきた。ラジオ・テレビ番組だ。
  この波にいち早く乗ったのが、終戦直後から実力をつけていた桂米朝で、全国展開を図るけん引力とした。64年からラジオの「題名のない番組」などにレギュラー出演。テレビでは バラエティー番組「ハイ!土曜日です」の司会を務め、名を全国に広めた。
  興味深いことに、電波は実力派の力量を一般大衆に広めるだけでなく、若手たちを後押しする場ともなった。入門まもない若手を一躍スターに押し上げたのだ。その一人、笑福亭仁鶴は 66年暮れから、ラジオの深夜番組の DJを務めて人気者になった。それに続いたのが現在、上方落語協会会長の 桂三枝。67年、入門十ヶ月でラジオ番組「歌え!MBSヤングタウン」のレギュラーをつかむ。また、テレビ番組「ヤングおー!おー!」の顔として スマートな笑いで ど若者の支持を集め、同番組には 桂文珍ら若手四人も「ザ・パンダ」の名で登場した。。。。。。 
  。。。。。実際のところ、噺家たちはどう思っているのか。「テレビ・ラジオは、高座とは別に 得意客に招かれて出るお座敷のようなもの」と 三枝はいう。師匠にみっちりけいこをつけてもらう間もなく 売れっ子になった三枝だが、「落語で一番になりたい」との思いは昔も今も変わらない。長寿番組「新婚さん いらっしゃい!」などの テレビ出演の傍ら、寄席で地道に落語を続けてきた。テレビ出演を芸域の拡大に生かし、共演した視聴者の生の声や 人脈をネタにして 創作落語の第一人者になった。
  桂文珍と 笑福亭鶴瓶。二人はタレントから 本業回帰を模索している。。。。。
  昨年オープンした天満店人繁昌亭が 予想以上に人気を呼び、一時は 十数人まで落ち込んだ上方落語の噺家の数も 今は 約二百人に増えた。活況を取り戻した上方落語だが、この流れをブームで終わらせず 発展させなければいけない。「何が何でも 笑わしたる」。噺家の持つ心意気こそが 新しい笑いを生み出す。

        噺家のスピリッツ、、、、、
           三枝、テレビ出演で 芸拡大!! 

  ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 
                              
[PR]
by delivery0001 | 2007-08-29 11:46

新賞


  北野武監督、新賞受賞へ、、、、

 
           二十九日に イタリアで開幕する
         第六十四回ベネチア国際映画祭の
         事務局が「GLORY TO THE 
         FILMMAKER!賞」を 新設し、
         第一回を 北野武監督に贈ることが
         二十三日、分かった。所属事務所の
         オフィス北野が明らかにした。

  賞名は、今回の映画祭特別招待作品である 北野監督の「監督・ばんざい!」の 英語題名から採った。これまでの 同映画祭での実績と、映画監督として常に新しい挑戦を続ける姿勢を評価しての 新設・受賞という。受賞を聞いた北野監督は「大変ありがたいこと。賞として 自分の作品の題名が残っていくのは 楽しいね」と 話しているという。

  ☆〇☆ ☆〇☆ ☆〇☆ ☆〇☆ ☆〇☆ ☆〇☆ ☆〇☆
                         
[PR]
by delivery0001 | 2007-08-24 13:22

映画


  = キャプテン =  

           墨谷第二中学に転校して来た 3年生の
         谷口は、野球部に入部するが、いきなり
         キャプテンにまつりあげられてしまい、
         実力の無さゆえに 苦しむ。

           1970年代に 発表された、ちばあきおの
         ベストセラーコミックを実写映画化した作品。
         原作の大ファンでもある、室賀厚監督の
         思い入れがあふれた素朴な仕上がり。

 
 ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆
                      
[PR]
by delivery0001 | 2007-08-20 16:56

映画


      「リトル・チルドレン」 
       、、、、、最近の 大人の幼さ 映す 

       仲間はずれは 子供が遊びの延長で
     やる いじめだが、大人がこぞってやると
     事態は深刻になる。

  本作は主婦のサラと ブラッドの不倫カップルを軸に、子供のよう過ちを犯す大人たちの姿を描いた群像劇。

  奔放な正確が災いして主婦仲間の反感を買うサラ。彼女は周囲から いつ仲間はずれにされてもおかしくない状況の中で、欲望のまま主夫のブラッドに近寄っていく。

  二人がデートするのは近所のプール。ある日そこに、性犯罪の前科があり、町内から仲間はずれにされている男が来る。
  男が泳ぎ出すと 住民たちはプールから上がる。

        しかし二人は、その住民とも距離を置き、
      遠くから戸惑いながらこれを見守る。仲間
      はずれがもたらす微妙な人間関係をうまく
      とらえた場面だ。

             T・フィールド監督は、
           最近の大人が持つある種の
           幼さが、人間関係に緊張感を
           もたらすことを全編に醸し出す。
           重い描写の連続だが、二人の
           心に成長の兆しが見えてくる
           後半にホッと した。 

   ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎ ◎
                  
[PR]
by delivery0001 | 2007-08-17 17:28

金豹賞


☆ ロカルノ 国際映画祭 ☆  

 ☆☆ 「金豹賞」に 小林政広監督  ☆☆

       = 「愛の予感」 脚本・主演も、、、、 = 

  スイス南部ロカルノで 一日から開かれていた 第六十回ロカルノ国際映画祭は 十一日、グランプリに当たる 国際コンペティション部門の「金豹賞」に 小林政広監督(53)の「愛の予感」を選んだ。

          日本人の グランプリ受賞は
        1970年の 実相寺昭雄監督の
        「無常」以来。 

  小林監督はプロデューサーの 直子夫人とともに、賞金九万スイスフラン(約八百九十万円)を獲得。小林監督は数千人が詰め掛けた受賞会場で「審査員の方々に 作品を理解してもらって、とてもうれしい」と あいさつし「私は 五十三歳になるが、あきらめなければ絶対に報われる」などと 若手映画人に奮起を呼び掛けた。

          「愛の予感」は 小学生の娘を
        同級生に刺し殺された男と、
        加害者の母親が ともに事件後、
        東京から北海道に ひっそりと
        移り住んだ後の 心の交流を描く。
        小林監督は脚本も手掛け、
        主演もしている。


  小林監督の話 : 公式上映前のプレス(関係者向け)
            試写での評判が良かったとは 聞いて
            いたが、(公式上映で)一般の観客から
            も 「ブラボー」と 声が上がり、驚いた。
            最高賞をいただけるなんて、信じられな
            い 気持ちだ。 

    ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ 
                 
[PR]
by delivery0001 | 2007-08-14 17:12

映画


= オープン・ウォーター 2  =

       エミリーは 生後間もない娘を連れて、
      高校時代の友人たちと メキシコ湾クルーズ
      に出る。しかし船が沖に出た時、思わぬ事故
      に遭遇する。

  ダイビング中の遭難事故を描いて 大ヒットした「オープン・ウォーター」を見た ハンス・ホーン監督が制作した 実話もののパニック映画。続編ではないが、シンプルな恐怖に 共通点がある。

    □□□ □□□ □□□ □□□ □□□ □□□

                
[PR]
by delivery0001 | 2007-08-12 13:41

松尾スズキさん


    ☆ ミュージカルの演出で 活動再開 ☆  

     過労による腎炎で 今春の舞台を降板した
   劇作家で 演出家の 松尾スズキ(44)が、
   十月上演のミュージカル「キャバレー」の演出で 
   動を再開する。

           「今回は出演がなく、演出だけ。
          いい感じに復帰ができそう」と
          意欲を見せる。

  キャバレーを舞台に 人間模様を描いたこの作品は、世界中で上演されてきた。「(自分の作品は)いつもわかりにくい、グロテスクと 言われるが、分かりやすいものを作るので安心してほしい。ナチスが台頭する時代を背景にしているが、日本人が日本人に向けたミュージカルにしたい。夢や幻想を強調した舞台になると思う」と 話している。

 ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆

            
[PR]
by delivery0001 | 2007-08-10 12:35

コンサート


  <日中国交正常化 35周年>  

           人民大会堂で 記念コンサート  

      日中国交正常化三十五周年を記念した
    「日中文化・スポーツ交流年」の 実行委員会
    は 七日、今年後半の事業計画を発表した。

      九月に北京の繁華街「王府井通り」で 
    両国の祭をテーマにした交流イベントがあり、
    十一月には北京・人民大会堂で日本人歌手
    も 参加するコンサートを開く。

      日本のアーティストが 人民大会堂で
    コンサートを開くのは市場初めてという。

      東京都内で記者会見した
    御手洗富士夫(日本経団連会長)委員長は
    「イベントの実現は 両国の相互信頼と 情熱
    を示す 象徴的出来事」と 強調した。

  ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆ ☆☆☆
             
[PR]
by delivery0001 | 2007-08-08 16:04

テレビ


   フジ系 夜 8時~  

      「 ヘイ! ヘイ! ヘイ! 」 

         「ゆかりトーク」のゲストは 槙原敬之。


    ==  ==  ==  ==  ==  == 

     ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

                       
[PR]
by delivery0001 | 2007-08-06 13:51

映画


 「 ヒ ロ シ マ  ナ ガ サ キ 」 

        「はだしのゲン」の作者・中沢啓治や、
      爆発直後に 被爆者の治療に当たった
      医師も含め、日本人被爆者14人と、
      原爆の開発、投下にかかわった
      アメリカ人4人を取材したドキュメンタリー。
      彼らの素直なコメントから、核戦争の
      恐怖などを描き出している。
  ドキュメンタリーの分野で高い評価を受けているスティーヴン・オカザキ監督の作品で、アメリカでのTV放映も予定されている。

    □□□ □□□ □□□ □□□ □□□ □□□ 
               
[PR]
by delivery0001 | 2007-08-05 14:03


芸能関係のニュースを書き込んでいます。
検索
カテゴリ
以前の記事
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧