くぼっちの芸能ニュース



市川 森一 さん


 長崎の教会群を 世界遺産に推す 作家。

       長崎県出身。日本放送作家協会理事長。
       明治初期の長崎を描く小説「蝶々さん」を今秋刊行。

      自身はプロテスタント。
      しかし、キリスト教に関心を持ったのは、
    戦国時代を舞台にしたNHK大河ドラマ
    「黄金の日々」(78年)の脚本を宣教師
    ルイス・フロイスの視点で描いてからだ。

        今春、NPО法人「世界遺産長崎
      チャーチトラスト」の理事長に就任した。

              長崎県が目指す、大浦天主堂など
            「長崎の教会群」の世界文化遺産登録
            を側面支援するため、映画やテレビドラマ
            の脚本執筆の合間に長崎に帰り、県内に
            点在する教会群を精力的に回る。

     隠れキリシタンが迫害を逃れて
  潜んだ離党は過疎化が進み、わずか
  3世帯で維持する教会堂もある。

   「さびれても、そんな地域の人たちは驚くほど心優しい。
 信仰がはぐくんだ地域コミュニティーこそ、真の文化遺産
 かもしれません」

        、、、、、今秋には、プロの役者や戯曲家を
     育てる事業「長崎座」を県と一緒に始める。

〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇 〇〇〇
             
[PR]
by delivery0001 | 2008-08-08 18:08
<< 「 ゴ モ ラ 」 川喜多賞 >>


芸能関係のニュースを書き込んでいます。
検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧