くぼっちの芸能ニュース



講談師


   ~ 旭 堂 南 青 ~ 

            、、、心に残る話芸  生でぜひ!!

            口跡さわやかな28歳。

       きりりとした容姿にはかま姿がよく似合う。

    20人にも満たない上方講談界で、
 奮闘する若き講談師の一人だ。

            「元々落語家になりたかったんです」。
          中学のころから面白いことが好きで、高校は
          芸能文化科、大学では落語講談研究会と、
          まっしぐらに歩んできた。

    「でも寄席に通っていて、講談を聴くうちに、
 物語りも面白いなぁと。そのうち講談に移行して
  いったんです」

          04年、大学卒業と同時に入門した。

          講談との忘れられない出会い
       がある。高校3年の時、上方講談界
       を一人で引っ張ってきた三代目旭堂
       南陵の「長短槍試合」を聴いた。
       「よぼよぼで、大丈夫かなぁと
       思ってたんですけど、その日一番
       会場を沸かして帰って行かれました」

  同じ話芸でも、落語が近年、大きな注目を浴びている。

      「講談はブームとかまったくないんで・・・・・。
   持っているものを磨いて、一歩ずつでも誰かに
   負けないものができたらええなあと思っている」

                。。。。。6月にトリイホールから
              「源平盛衰記より~那須与一」
              「無筆の出世」の2席を収録したCD
              を発売した。

         「生の方が断然面白ですよ」。

         CDはほんの入り口だ。
       「これを機会に『この人に会いたい』
       といわれたい。で、講談聴いたら面白い、
       と思ってほしい」。

         きまじめな好青年振りが頼もしい。

☆☆☆ 〇〇〇 ☆☆☆ 〇〇〇 ☆☆☆ 〇〇〇 ☆☆☆
             
[PR]
by delivery0001 | 2008-07-23 16:43
<< ピアノ 結婚 >>


芸能関係のニュースを書き込んでいます。
検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧