くぼっちの芸能ニュース



元気の源


  新藤兼人監督 「石内尋常高等小学校」 完成!!

          ** 「仕事がしたい」が 元気の源 ** 

                新藤兼人監督の最新作となる映画
             「石内尋常高等小学校 花は散れども」
             が完成した。

              96歳の“日本現役最高齢”の
           監督は、他に3作の構想もできて
           いるという。

    「仕事をしたいという切望が元気の源。
  はいつくばっても、もう1本撮りたい」と意欲的だ。

       「石内尋常高等小学校」は自伝的な作品。

                  新藤監督は「(小学校の恩師は)
               平凡な先生だったが、私にとっては
               平凡ではなかった。少年がはじめて
               社会に出る場所が小学校。その影響
               は大きかった」と語る。

          ロケは故郷の広島で行った。

          「仕事場までは車いすで行くのだけれど、
       カメラの横に立つと、妙に活気が出てきた」と
       振り返る。

           「足が不自由になって初めて監督の
        醍醐味を知った。今回は、力の残っている
        口先だけで俳優と対決した」と笑みをこぼす。

   次回作のテーマは「家」で、脚本は完成しているという。

           「子供のころ、自分の家が破産し、
        家族がばらばらになった。それ以来、
        『人間にとって家とは何か』を追求したい
        と思っていた」

   「石内尋常高等小学校」は9月、各地で公開される予定。

 ☆☆☆ 〇〇〇 ☆☆☆ 〇〇〇 ☆☆☆ 〇〇〇 ☆☆☆
                 
[PR]
by delivery0001 | 2008-06-19 15:18
<< 五花街 復位 >>


芸能関係のニュースを書き込んでいます。
検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧