くぼっちの芸能ニュース



下地 勇 さん


   楽器のように響く言葉

       ~ 沖縄・久松方言で歌う ~ 

                使いこなせる人はわずか
              三千人という出身地沖縄県
              宮古島の久松方言で歌う
              異色のシンガー・ソングライターだ。

  島外の者に歌詞の内容は理解できない。だが、音楽的な響きの言葉があたかも楽器のように、不思議と心にしみいってくる。

  歌い始めた経緯が面白い。

  同級生との宴会で「草履がない」と即興で歌った。これが受けた。

  父親の還暦祝いにテープに吹き込んでプレゼントしたら。親類の口コミで評判が広がった。

                  自主制作CDが七千枚売れ、
                沖縄ではちょっとしたスターに。

       スキューバダイビング始動の仕事に
     やりがいは感じていたが「仕事には
     代わりがいるけど、歌に代わりはいない」
     と心に決めた。

          「共演者に『お前は本当に何も知らないな』
        と笑われる」ほど、音楽とは無縁の生活だった。
        三年前のデビュー以降、猛勉強中とはいえ、
        島の何気ない生活を描くセンスや、常識に
        とらわれないギター奏法は天性のブルース
        シンガーの趣だ。

                 新アルバム「3%」の表題曲で
               は大勢に流されることへの違和感
               を歌った。

  「気恥ずかしいことも歌いやすい」方言の強みを感じながらも、「方言シンガーというだけでなく、下地勇の世界を確立したい」と欲がでてきている。

                              38歳 

 〇〇〇 ☆☆☆ 〇〇〇 ☆☆☆ 〇〇〇 ☆☆☆ 〇〇〇
                  
[PR]
by delivery0001 | 2008-03-19 12:34
<< 映画 映画 >>


芸能関係のニュースを書き込んでいます。
検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧