くぼっちの芸能ニュース



シネマ


    ~ ペ ル セ ポ リ ス ~

         昨年のカンヌ映画祭で審査員賞を
       獲得したフランスの長編アニメ映画。

                カンヌで受賞したアニメは、ディズニー
              の『ダンボ』、名匠ルネ・ラルーの『ファンタ
              スティック・プラネット』以来、わずか三作目
              である。

  原作はフランスで評判を呼んだイラン女性、マルジャン・サトラピの自伝マンガで、原作者自ら共同脚本。監督にあたっている。

  1978年、ヒロイン、マルジが9歳の時、イラン国王が追放され、イスラム政権が成立する。独裁打倒の喜びもつかの間、前より過酷な自由の弾圧が始まる。。。。。 

  。。。。。自由の禁圧を潜ってマルジの聴くヘビメタが、教条的な政治演説とイラン・イラク戦争の砲撃の響きに重なる苦いユーモアに、このアニメの健全な距離感覚がある。

            マルジと母親の声を実の母娘である
          キアラ・マストロヤンニと カトリーヌ・
          ドヌーブが吹き替えるというアイデアも
          秀逸だ。
 

 〇〇〇 ◎◎◎ 〇〇〇 ◎◎◎ 〇〇〇 ◎◎◎ 〇〇〇 ◎◎◎
               
[PR]
by delivery0001 | 2008-01-21 10:14
<< 就任 映画 >>


芸能関係のニュースを書き込んでいます。
検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧