くぼっちの芸能ニュース



映画、、、 考 !!


          製作数は多くても実りは少なかった日本映画。

          中では『それでもボクはやってない』が
       すばらしいが、いつもながら「好き」を
       優先させたいので、ちょっと脇に置いて。
       いかにも彼らしい①を残して米国映画の
       反逆児アルトマンが逝き、世代が日々
       交代していることをより強く実感させられた。

   新しい才能はどこに?と 心配になったら
 ②の監督や、『善き人のためのソナタ』の
 監督らは余裕の三十代で今後が楽しみ。

              彼らの作品にある広い視野、奥行きの
           深さが日本映画には欠ける。③は社会や
           時の変化の流れから取り残される人間を
           見つめる目にある骨の太さと繊細さに
           魅せられた。米国映画のミュージカル復活
           の 様子がうれしい。 

               ① 今宵、フィッツジェラルド劇場で
               ② 0NCEダブリンの街角で
               ③ 長江哀歌  

  ☆☆☆ 〇〇〇 ☆☆☆ 〇〇〇 ☆☆☆ 〇〇〇 ☆☆☆
                         
[PR]
by delivery0001 | 2007-12-19 16:23
<< 映画 つるべ サン >>


芸能関係のニュースを書き込んでいます。
検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧