くぼっちの芸能ニュース



二ール・ゲイマン さん


   米国の ファンタジー小説の世界で人気、
 実力ともに 第一級の作家だ。

          願いがかなうという 流れ星をめぐり、
        恋する青年や 魔女などが 争奪戦を
        繰り広げる冒険映画『スターダスト』
        が 映画化され、日本でも公開が始まった。

    「僕は 白昼夢をよく見るから
  タクシードライバーには向いて
  いないだろう。でも 作家としては
  いい仕事ができる」

  ストーリーテラーとしての力を自負するが、根を詰めて執筆する 努力の人でもある。「パソコンに向かって 十万語ぐらい書いてみないと 形は見えてこない。作品において アイデアの重要性は 五%ぐらい。残りの九十五%は 汗を流すしかない」

  映画版では 脚本にアイデアを提供するなど 制作にも携わった。「作家と 読者が協働して 物語の世界を作る小説に対し、映画は 作り手が観客に すべてを与える。小説と違うが 同じくらい面白い」。

          自作を映画化した作品の監督も
        決まっており、活躍は広がる。

                  主要作品は ほぼすべて 
                日本語に翻訳されている。
                「ファンタジー小説を読むのは
                長期休暇に出て リフレッシュ
                するようなもの。読み終えて
                日常に戻ると、新しい目で
                現実を見られる。
                忙しいビジネスマンにこそ 
                ぜひ読んでほしい。

           ☆ 冒険物語が 映画化 ☆

            ○ 制作にも参加、活躍 ○


  ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
 
                 
[PR]
by delivery0001 | 2007-11-08 14:36
<< トニー・ガトリフ 監督 映画 >>


芸能関係のニュースを書き込んでいます。
検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧