くぼっちの芸能ニュース



映画


  □ サルバドールの 朝 □ 

         ―― 1970年代初頭のスペイン。
         フランコ独裁政権に反対し、二十五歳で
       処刑された青年がいた。実話を基にした
       本作は、臨場感あふれるタッチと 暗い色調
       の映像で、独裁政権下の 息苦しさをあぶり
       出した。。。。。

  反政府連動にのめりこみ、活動資金を得るため 強盗を繰り返す青年、サルバトール。ある日、警察と乱撃戦になり、一人の警官が命を落とす。サルバドールが犯人として逮捕され、正当な裁判にかけられないまま死刑を宣告される。

             悲劇の人物として、スペインでは
          知らない人はいないとされる
          サルバドールだが、本作は 安易な
          ヒロイズムに陥っていない。家族思い
          の無邪気な素顔と共に。若さゆえの
          おろかさも描くなど 一人の青年の
          実像に迫っている。

           主人公を演じるのは「グッバイ、レーニン」
        (03年)の さわやかな演技で注目を集めた。
        ダニエル・ブリュール。

           希望と絶望の間で揺れ動く青年の姿を
        繊細に演じきった。獄中で 妹と言葉を交わす
        場面の純粋なまなざしが胸を打つ。

                 監督 = マヌエル・ウエルガ 

 □○□ □○□ □○□ □○□ □○□ □○□ □○□
                
[PR]
by delivery0001 | 2007-11-02 11:53
<< 「通円」 襲名 >>


芸能関係のニュースを書き込んでいます。
検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧