くぼっちの芸能ニュース




 『 A L W A Y S  続・三丁目の夕日 』

    昭和34年 東京下町、、、、、

             2005年秋に公開されるや 
           284万人を動員、“昭和”ブームを
           巻き起こし 数々の賞に輝いた
           名作に 続編を望む声が殺到。

             山崎貴監督以下スタッフ、
           キャストが再結集。

             前作から4ヵ月後、
           東京オリンピック開催が決まった
           昭和34年を舞台に、再び
           夕日町三丁目の住人が帰ってきた。

   駄菓子屋の茶川は、黙って去っていったヒロミを 思い続けながら、預かった淳之介と暮らし、諦めていた芥川賞受賞の夢に向かって 執筆に励んでいた。

  向かいの鈴木オートは 商売も順調、景気の上向きを実感する一方で、親戚が事業に失敗。則文とトモエは その娘を預かるが、息子の一平はちょっぴり反発。

  仕事も一人前にこなせるようになった住み込みの六子は 偶然幼なじみの武雄に出会う。

  その頃、ヒロミは 茶川への思いを胸に秘めながら 父親の借金のために 踊り子として働いていた。

               西岸良平が今も連載中の
             人気コミックを原作に、
             優しく懐かしい人情ドラマが
             感動を呼ぶ。 

 ☆○☆ ☆○☆ ☆○☆ ☆○☆ ☆○☆ ☆○☆ ☆○☆ 
                     
[PR]
by delivery0001 | 2007-10-20 15:10
<< 映画 映画 >>


芸能関係のニュースを書き込んでいます。
検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧