くぼっちの芸能ニュース



ベネチア国際映画祭


   ☆ レバノン戦争の作品に 金獅子賞 ☆ 

              イタリアで開催されていた第66回
           ベネチア国際映画祭の授賞式が19月
           12日夜行われ、最高賞の金獅子賞を
           イスラエルのサミュエル・マオス監督の
           「レバノン」が受賞した。

      イラン出身のシリン・ネシャト監督
   の作品で坂本龍一さんが音楽を担当
   した「女たち」が銀獅子賞に選ばれた。

              日本から出品した塚本晋也監督の
           「TETSUO THA BULLET MAN」
           は受賞を逃した。

                 「レバノン」は1982年の
              レバノン戦争で、侵攻した
              イスラエル軍の若い兵士
              たちを描いた。

   「女たち」のネシャトさんは女性ビデオアーティスト。

         同じニューヨークに住み以前から知り合い
      だった縁で、坂本さんに音楽を依頼したという。

   ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆
         ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
               ☆☆☆☆☆☆
          
[PR]
by delivery0001 | 2009-09-18 16:48
<< ボリショイで 舞う!! 米朝さんが 復帰 >>


芸能関係のニュースを書き込んでいます。
検索
カテゴリ
以前の記事
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧